本当のアメリカ生活

世の中にはアメリカの「良い点」ばかりを書いたブログが目立ちますが、実際には「悪い点」ばかりのどーしようも無い国です。アメリカの「ここがダメ」というポイントを、神奈川出身、静岡育ちの筆者が、テキサス州で生活する中で感じた視点から綴ります。

【アメリカ生活 悪い点】バスが色々と適当

アメリカで初めてバスを利用する時は、少なからず戸惑う事が多いと思う。日本の理路整然としたサービスが当たり前になっていると、色々とショックを受ける事間違いなし。

基本的に時間どおりに来ない

これは時間通りに来る町とそうでない町と差はあると思うが、テキサス州で自分が利用した事があるバス会社(Capital MetroThe HOP)の中で時間通りに来たバスはない。早めに来るということはあまり無いが、大体時刻表から+5〜15分の範囲でバスが到着する事が多い。また、中にはバス停のボックス席に座っていると、運転席から見えないためか無人と勘違いしてそのまま走り去るアホな運転手もいるので(※実体験)、到着時刻を過ぎたら道路が見える位置にいたほうが良いだろう。

停め方がバスによって異なる

f:id:teletele916:20160925004128j:plain 最近増えて来たのは写真のボタン、バータイプで、日本と同じくボタンを押して降車を知らせるタイプ。ただ、古いバスは窓枠の上からぶら下がっているワイヤーを引っ張って降車を知らせるタイプが多い。(※ワイヤータイプの場合、緩んでいる車両だと相当強く引かないと作動しないので注意。いずれにしても「ポーン」とかそういった音がバスのフロントからするので、ちゃんと操作出来たかどうかはわかるはず。)

続きを読む

【アメリカ生活 良い点】ベーコンが旨い

テキサス州においてスーパーと言うと、大抵の場合HEBというスーパーマーケットが一般的。基本的にテキサスにしかないので、日本だとヤオハン的な位置づけか?いやちょっと違うか。。テキサスに限らずアメリカで何らかの生鮮食品を購入して、日本より旨いと感じる事はあまり無いが、ベーコンは数少ない例外。

日本のベーコンよりも肉っぽい。

f:id:teletele916:20160922051030j:plain ここが一番の違いだと思うが、日本のいかにも加工肉という雰囲気のベーコンに比べてより生肉に近く、肉の風味と燻製の香りが強い。そのため、たかがベーコンであるが食べた時の満足感が大きい。 f:id:teletele916:20160922052855p:plain (※参考までに日本のベーコン。こちらだとこんな少量パックはない)

続きを読む

【アメリカ生活 悪い点】週末になると近所が喧しい

日本ではあまり聞き慣れないかもしれないが、アメリカにはTGIF(Thanks God It's Friday)「金曜だぜヒャッホイ!」という言葉がある。週末が嬉しいのは万国共通だと思うが、アメリカ人の場合、週末に開放的になりすぎる輩が多すぎる。それで実害がなければ一向に構わないが、同じテンションではない場合、大いに迷惑を被ることになる。 f:id:teletele916:20160920103845j:plain

屋外で大音響で音楽を流す

車という密閉空間で大音響で音楽を流すぶんにはまだいい。が、週末ともなると、どこからともなく「ズンッズンッ」という重低音が聞こえてくる。何かと思って外を眺めると、数軒先の家のフロントヤードに車が数台止まり、パーティーのようなものが催されているというのはよくある話。

バックヤード(裏庭 通りには面していない)でBBQをやったりしてワイワイ過ごすのは一向に構わない。が、なぜ通りに面したフロントヤードで飲み食いをして音楽をガンガンに流しているのか?(こういう場合、たいてい車のエンジンがかかっていて、車のステレオから大音響で音楽を流し、窓が開けっ放しになっていたりする。)というよりも、蚊が飛び交う屋外で何時間もだべっていて何か楽しいのか?それって屋内でやればいいんじゃ。。テキサスもジカウイルス注意地域なんだけど知ってる君たち?

続きを読む

【アメリカ生活 悪い点】騒音を垂れ流す車が多い

日本でも車検非適合のマフラーを付けた排気音が煩い車両、窓を締め切っているのに音が聞こえてくる程の音量で音楽を聞いている車両は少なからず存在する。ただ、そうした煩さもアメリカは規格外。恐らくこれは「他人にとって迷惑かどうかを想像する」という能力が、決定的に欠けているアホなアメリカ人が多いというのが理由であろう。 f:id:teletele916:20160919020428p:plain

音楽の再生ボリュームが異常

日本でも、救急車、もしくは街宣カーはかなりのやかましさで走っているし、遠くから近づいてくるのもわかる。アメリカで音楽をとんでもない音量で聞いている車は、このレベルで煩い。いやホントに。。

これは完全なステレオタイプで申し訳ないが、音楽を大音量で流している車のドライバーは、見るからに低学歴でまともな職についていない であろうアンちゃん、中流家庭だが見るからに頭悪そうなオッサンが多い。アフリカ系アメリカ人、ヒスパニック系が多いのも特徴だが、流している音楽もいかにも頭悪い歌詞のクラブミュージック、ラップなどであることが多い。

こうした種の音楽は内臓に響く低音が特徴であるが、異常な再生ボリュームで音楽を流している車が近づいてくると、音ではなく、”振動”として低音が感じられる。コンビニ帰りに持っているビニール袋が振動を始める、家のガラス窓が振動する。これ全部実話である。

続きを読む

【アメリカ生活 悪い点】賃貸物件の実態 

f:id:teletele916:20160918064422p:plain

家の探し方

アメリカでの物件探しは、日本と同じく検索サービスからウェブ上で探すのが一般的かと思う。賃貸で考えると下記のようなサイトが一般的。使い勝手はそれぞれながら、エリア、予算、部屋数、設備(※ガスコンロか電気コンロ、ガレージの有無など)などから検索が可能。 Zillow.comrealtor.comtrulia.comapartments.com

内見

気に入った物件が見つかったら、物件のリンクにあるPROPERTY MANAGER(この物件を管理している会社、個人などの場合もあり)の連絡先に連絡。実際にオフィスに足を運び、物件の鍵を借りて内見に出発する。なお、不動産屋会社によって異なるが、同時に5件くらいまでは鍵を貸してくれるようだ。

続きを読む